TOP プリント基板とは 営業品目 メンテナンスFAQ トピックス 会社概要
輸出管理
トピックス
報告記 トピックス
更新情報
2017.07.14 タイ訪問記 by F
201707タイ報告記01 201707タイ報告記02

2017年7月中旬

タイ南部へ打ち合わせに行ってきました。
昼食に、地元で田舎の食堂へお客様に連れて行ってもらいました。

日本とは文化もちがうのは当たり前ですが、
出てきた竹篭に入ったもち米が。日本のもち米とは少しちがっていて、
周りは割と乾燥した感じなのに内側がもちもち。
そのまま手で強く握れということで、ちょっと抵抗もあったのですが、
やってみると、さらにモチモチ感が増すという不思議な感じでした。

これに合わせるおかずがまたいい。
タイマッサランカレー、豚ののど肉(コームーヤーン)など。
このコームーヤーンが絶品で、とんとろ焼きのよう。

付け合わせの唐辛子にはやられました。ちょっとだけ食べただけなのに、
久々に涙を流してしまいました。

連れて行ってもらったお客様に感謝です!
2016.09.08 鈴木敏弘 インド訪問記 part3
201609インド報告記01 201609インド報告記02
201609インド報告記03

8月18~20日までインドの展示会にパネル出展をしました。
沢山の参加者や、会場内を歩きながら演奏しているバグパイプの鼓笛隊がいたりと、
にぎやかなイベントになりました。
会場を出てすぐ、木の上にリスがいたので思わず撮影。
インドは身近に自然があふれている国なんだなあと改めて思いました。
2016.06.02 道具の話 その7 by 鈴木
その6の続き。
汎用機で金属を削りながら、刃物が無理をしているなあとか、もっと切り込んでもよいなあ
なんていうダイレクト感は汎用機でこそ味わえる感覚でしょう。本来日本人がDNAで持っている
ものつくり感覚って、実はこういった感覚ではないのでしょうか?建築なんか見てても、
自分で木取りする大工さんみたことないもの。時代は確実に流れていますね。
2016.04.25 タイ報告記 by N
4月9日から17日までタイのパタヤに仕事で行きました。
夜はお客さんと食事をしましたが、ホテルに戻ってから
クレジットカードが無い事に気がつきました。
お金は別のところに入れてあり、クレジットカードもすぐに止めたので大丈夫でした。
店を出るときにはあったので、クレジットカードだけどこかに置いてきたのか、
スリにあったのか・・・
でも恐らく、乗り合いトラックに乗った時にすられたのではないかと思います。
皆さんもタイに行ったときはスリに気をつけましょう。
201604タイ報告記01
2016.04.05 道具の話 その6 by 鈴木
その5の続きです。
粗末な剃刀で工作していたかと思うとぞっとしますね。
NTカッターなんか無い時代(有っても買ってもらえない)だったからしかたないです。
ちなみに当時、10歳年上の兄は、工場で使い古した丈夫なノコ刃を折って整形し柄も
自作した切り出しナイフを使っていました。そんな技のある兄があこがれでした。
2016.03.17 鈴木敏弘 インド訪問記 part2
201603インド報告記01 201603インド報告記02

再び出張でインドを訪問してきました。写真は食事の様子です。
どの料理も香辛料がきいていて、とても美味しくいただきました。
インドって感じでした。
2016.03.01 道具の話 その5 by 鈴木
仕事以外でも日常使用する道具はたくさんありますよね。
小学生の頃から工作大好き少年だった私、A3のグラフ用紙に定規で図面を描いて
バルサ材を使って良く工作しました。当時は便利な文具も無いですから、
切り出しナイフは鉛筆削り用の両刃の剃刀を金属さやに半田付けして、使うのですが、
半田が剃刀鋼にうまく付かず力を入れると刃がさやから外れ、よく人差し指を切りました。
当時の親はその程度のことでは動じなかったですね。
2016.02.22 鈴木敏弘 インド訪問記
201602インド報告記01 201602インド報告記02

12月にインドのとある企業の工場視察へ行ってきました。
滞在期間中は工場しか回ることができず、観光できなかったのが残念ですが、
とても興味深い視察となりました。
写真は工場の敷地内の風景です。インドって感じでした。
2016.02.01 道具の話 その4 by 鈴木
専用(特殊)工具のお話です。
弊社の製品はなるべく専用工具無しでメンテナンス可能なように設計、製作しています。
ただしメンテ部隊は作業時間短縮の為、それぞれに工夫を凝らした専用工具を持ち歩いています。
時々、お客様からそれどこで売っているの?とのお問い合わせをいただくことがあるのですが、
残念ながら販売はしていません。ごめんなさい。一般工具で十分整備可能ですのでご安心ください。
2016.01.04 道具の話 その3 by 鈴木
道具を買い集める人は便利な道具をたくさん持っているし、そんな工具での作業依存度も高い。
したがってその分、各工具の応用度は低下して専用工具がどんどん増える。
最低限の標準工具ですべての用を足す人もいます。とても器用な人なんだなと思います。
工具に対する応用力もあるんだなあと思います。現場の最前線向きの人です。
(現場持ち込みの工具が少ない=管理が楽)最初から他人の工具をあてにしている人もいます。
この手の人は道具を大事にしませんし、借りた道具も粗末に扱う人が多いです。
貸した道具を使用後投げ返す人、最低ですよね。性格を垣間見た気になります。
弊社にはその様な社員は居りませんのでご安心を。
2015.12.02 道具の話 その2 by 鈴木
私の場合、本社で使う工具、台湾ブランチに1セット、私的に1セット(これが一番大規模か?)の
3セット有るんですが、出来る限り同一メーカーの製品で統一しています。手馴染みしている事、
同一デザインなのでサイズ確認に迷わない事などがその理由です。
支給品、私費購入品どちらも分け隔て無く大事に扱うように心がけていますよ。
使いなれた6角レンチの一本が行方不明になると心落ち着かなくなる方ですから。
2015.11.19 道具の話 その1 by 鈴木
H/Pコーディネーターから製造業やっているのだから道具の話を書けと強要されました。
たしかに我々の様な商売では、道具(工具)は身近なものですが。
我々業界での話、私見では道具を病的に大事にする人(道具おたく?)と、
まったく無頓着な人、その中間の人が存在します。自分がどちらに属すのかは
別にして、道具無くして仕事ができない我々ですから道具には愛着と敬意を払って
扱いたいと思います。
2015.09.18 修理出張報告記 by U
最近、機械の修理により県外へ出張する機会が増えました。
色んな県に行きましたが、毎回大変なのが宿探しです。
今回も宿泊予約を取ろうと色んな検索サイトで探しましたが、どこのホテルも予約がいっぱい。
やっとの思いで予約できて宿泊してみると外国人がいっぱいで驚きました。
大阪、京都、相生まで…みんなどこへ行くのでしょう。
宿探しは大変ですが、逆に多くの外国人が日本に興味を持って訪れてくれていると思うと喜ばしいことです。
これからの観光産業を支えていくのは、外国人になるのかもしれませんね。
2015.08.01 From 和源機械有限公司 鈴木 in 台湾 part27
うちの中堅スタッフが某外国製高級スポーツカーをゲットしました。
むろん中古車ですが、クルマ好きの私としては非常にうれしい出来事です。
行先の見えないこのご時世に大枚をはたく潔さと、
なにより興味の対象を手にした充実感を味わっている訳でして、
このような心に与えるカンフル剤が生身の人間には絶対に必要だと思います。
くれぐれも事故らぬように楽しんでくださいませ。
2015.07.02 From 和源機械有限公司 鈴木 in 台湾 part26
昨今の為替変動はわたくし共台湾企業にとって、客先が日本の場合非常につらい状況であります。
4年前の開店当時は1USドル85円位でしたから。USドルに連動するNTドル(台湾元)で
現地取引する我々にとって台湾製造の利が薄れつつあるわけです。
急激な変動はその備えの無い中小零細企業にはひじょうにつらい仕打ちであることを
政治をする人たち、投資する人たちに解ってほしいと思います。
2015.06.01 From 和源機械有限公司 鈴木 in 台湾 part25
若い人と接するといろいろ勉強になります。しっかり人生設計しているし、まじめな人が多いと思います。
そして皆、寄り道や遠回りをいけない事と感じているように思います。
この年まで生きてると、人生の上ではそういった事の経験が心を鍛えるし、
何より楽しい事は実はその部分に集中しているように思えるんですが、
私のような者にはそういった気持ちを若者に上手に伝える器量がありません。残念なことです。
昔の子供は学校帰りわざわざ路地裏に寄り道して新しい発見をしたものです。
今どきの子供は塾の時間に追われ寄り道なんてできないんだろうね。
2015.05.07 From 和源機械有限公司 鈴木 in 台湾 part24
趣味関係の雑物を整理したら、出ます。出ます。
若い時から、輪がふたつ付いたのやら四つ付いたのが好きだったので、
その当時買い溜めた部品がたくさん出て来ました。
一般人にはガラクタでも関係筋にはお宝かと、その筋に連絡するも皆から不要とあっさり断られてしまいました。
考えてみれば、要品はネットで世界中さくさく検索できてしまう世の中、
いつ使うかもわからない物をストックするなんてナンセンスこの上ないという事なんでしょう。
お気に入りのアイテムは所有するんでは無く、美術館、博物館で鑑賞すれば満足という人たちも
これからは増えるんでしょうね。趣味は極シンプルに、社会生活はより複雑にという事かな。
2015.04.06 From 和源機械有限公司 鈴木 in 台湾 part23
定年後の人生設計なる書籍を最近よく本屋さんで見かけます。
いつも疑問に思うこと。60オーバーする前にまず50代を頑張れよと言いたい。
会社の負担にならない様にすることの方が先決ですよ。
体力、知力の低下分を他のスキルでカバーしなければいけないわけでしょ。
いまこの時間、CADの前で進まぬ指先を追いかけながらこんなことじゃあいけないと自己反省する私でした。
業務に戻ります。
2015.03.02 From 和源機械有限公司 鈴木 in 台湾 part22
いつの間にやら50代後半のお年頃になってしまいました。
さかのぼること40代はアクティブによく働きました。
行動することが楽しかったし、へとへとに疲れても、すぐにリフレッシュ出来たしね。
おかげさまで当社には若いスタッフが日々精進して、お客様からのオファーをお待ちしております。
2015.02.09 From 和源機械有限公司 鈴木 in 台湾 part21
桃園のファクトリー(かっこ良いね)。言い直します。
桃園の工場(コウバと発音しますです。)からTELが有り、お願いがあるとのこと。
複雑なお願いは勘弁してほしい昨今なのでちょっと身構えましたが、要件は単純でした。
ここしばらく寒くて耐えられないので、灯油式のヒーターを買ってほしいとの事。
桃園は台南と比べればたしかに寒くはなるけれど、いままでそんなこと言われたことないしなあ。
異常気象なんだろうなあ。買うのはオーケーだけどさあ、灯油売ってるの見たことないぞ。
2015.01.28 From 和源機械有限公司 鈴木 in 台湾 part20
部下が家を新築しました。うれしいことです。
出張三昧の彼、おまえの担当は?ハイ、新しいソファーとテレビです。
なんだあ肝心の建物は奥さんまかせ?外装色も完成後知りました。U君ごめんなさい。会社の責任です。
そういえばおいらがマンション買った時も、いそがしくて受け渡し日に出席できなかった思い出がある。
因果な商売です。溜息。
2014.12.16 From 和源機械有限公司 鈴木 in 台湾 part19
若い人たちがよく使う言葉、気になるものいくつかあるけれど、・・・というか・・って使う言葉嫌いだな。
使い方間違ってるしだから何を言いたいの?ていつも思います。
2014.12.15 HKPCA Show 2014
HKPCA Show 2014に行ってきましたので、写真を掲載しました。
来場者は多く混雑していましたが、出展関係者だったのでしょうか??
写真はこちら
2014.11.06 From 和源機械有限公司 鈴木 in 台湾 part18
物忘れのひどさにあきれる今日この頃です。
記憶力には自信があった日々がうそのようです。
このまま進行すると、私は誰?ここは何処?になっちゃうよ。
はやく仕事を部下にたくさないとまずいな。
2014.10.11 From 和源機械有限公司 鈴木 in 台湾 part17
アルカリ溶液のしぶとさを今更ながら体験しました。
酸系溶液と違いゆっくりと悪さをします。わずかな隙間も見逃さず侵入してきます。
人間の病気と似ていますね。
2014.09.08 From 和源機械有限公司 鈴木 in 台湾 part16
趣味の付き合いの友人が60前の若さで他界して2年、春になると思い出します。不慮の事故でした。
彼の愛艇のキャビンの遺品整理をした思い出、多数のジャズボーカルのCDの中から石川さゆりのCDを発見。
キャビンで津軽海峡――を聞きながら彼を偲びました。
2014.08.22 From 和源機械有限公司 鈴木 in 台湾 part15
大学時代の友人からのメール。
2泊6日でサンパウロ出張中とのこと。現地ホテルは2泊のみ。
あとは機中泊、エコノミー席だって。俺たちの年でこの日程は正直、命縮めるね。
フランクフルト経由で帰るから、自費で1泊してビール飲むそうです。そうしなさい。
2014.07.05 マレーシア報告記 by U
201407マレーシア報告記01
6月にマレーシアへ出張に行ってきました。
せっかくなので現地の料理を食べよう思いましたが、
お店が見つからず、結局食べることができませんでした。
インド料理と中華料理が美味しかったです。

とある店では日本のインスタントラーメン「出前一丁」が出てきました。
お昼は毎日このラーメンを食べました。

201407マレーシア報告記02

こちらは中華料理屋で嬉しそうにチャーハンをよそうN。
201407マレーシア報告記03
2014.05.09 海外出張の無事を祈って!
現地の神さまにご祈祷しました。
今回は9日間の滞在です。
結果、無事に役目を果たし、帰ってくる事ができました。
201405海外出張の無事を祈って!
2014.05.02 From 和源機械有限公司 鈴木 in 台湾 part14
飛行機での移動時間。日本-台湾が約3時間。台湾-タイが約3.5時間。
台湾-ベトナムが約3時間。フィリピンなら約1.5時間。
台湾桃園、仕事の便は本当に良いです。助かります。
2014.04.01 From 和源機械有限公司 鈴木 in 台湾 part13
そういえば去年の台風の発生量は異常でしたね。台湾キールンから清水港まで通関を含め約12日の行程。
その間に台風が来ると予定が大幅に狂います。
お客様に納期のご迷惑は掛けられません。心臓に悪いことばかりです。
2014.03.03 From 和源機械有限公司 鈴木 in 台湾 part12
ウェットラインメーカーの秘密。我が街、桃園にはたくさんのウェット製造メーカーが有ります。
私も時々おじゃまするのですが、製造速度の速さには驚きます。
本日姿無き物が、翌日は形になっている。
発注側の立場でみていると、納期ぎりぎりまで発注物の姿が無いわけで、正直心臓に悪いです。
2014.02.17 From 和源機械有限公司 鈴木 in 台湾 part11
ねずみの話が多くてすみません。工場にでかいのが出ました。
自前のお弁当箱を会社に忘れて、翌朝見たら見事にかじられていました。
お弁当袋にも大穴が開いたよ。その後、スタッフが捕獲に成功。
しっぽまで含めると30センチあったようです。
おいらのお弁当箱さん、深夜に襲われてさぞかし怖かったでしょうね。
2014.01.06 From 和源機械有限公司 鈴木 in 台湾 part10
高速道路35キロオーバーでオービス捕獲されました。
110キロ規制エリアですから145キロ出てたってことか。
メーター読みならプラス10パーセントで160キロだあ。
これから気を付けます。罰金6000元なり。
2013.11.06 From 和源機械有限公司 鈴木 in 台湾 part9
二年半も住んでいるのに、まったく北京語になじめない自分がせつないです。
かといって、あなたは北京語NGだから、英語にしましょうといわれてもこれもダメでしょう。なさけないです。
2013.10.11 From 和源機械有限公司 鈴木 in 台湾 part8
先日、日本から公用で友人が来ました。
彼は買い方側の立場だったので、2日間旧式の接待攻めを受け、辟易としていました。
台北で二人で呑んでそんなぼやきを聞きながら、彼も50代前半、世代により接待方法も
変わっていくんだと思いました。
ねっとりした接待は私等より若い世代はきっと客の立場でも敬遠するんではないでしょうか。
2013.09.13 From 和源機械有限公司 鈴木 in 台湾 part7
棲家の近くに漁港があります。
早朝の週末、市場に行くと五本指サイズの太刀魚が揚がります。
3枚におろしてみりん干しにしたら本当においしそうなんですが、残念ながら自分ではおろせません。
で、市場のおじさんにたのむと、オーケーオーケーと言いながらぶつ切りにされてしまいます。
魚はみんなぶつ切り、から揚げ、簡単で解かり易いです。
2013.08.10 From 和源機械有限公司 鈴木 in 台湾 part6
日本帰国時の車の運転が非常にあぶないと、うちの者が申します。
危ないか否かは別にして、台湾独特の運転ルールがあります。第一に自分のスピードで走る。
どんな状況でも遅い車は追い抜く。そしてそれをさらに追い抜くくるまも有るのです。
第二に交差点は危ない場所なので、信号色に関係なくなるべくはやく脱出する、
信号赤でも右折します。(本当はだめ)
ちょっとぶつかった時はパイセーパイセー(台湾語でごめんねの意)と言ってお互い穏やかに走り去ります。
2013.07.08 From 和源機械有限公司 鈴木 in 台湾 part5
毎昼、向えの弁当屋の弁当食べてたら、しらぬまに5キロ太った。
今は自分弁当(昨晩の残り物)作って食べてます。これで3キロ痩せました。
若い小姐(女性の総称)みんなすごく細いけど、すごく食べるよ。
なぜ太らないのかなあ。不思議です。そうけんぴ茶効果かもしれないです。
2013.05.24 鈴木敏弘 中国訪問記
201305中国訪問記
5月14から17日まで中国仙桃市(湖北)のPCB工場を訪問しました。
巨大スペースの新規工場です。現状は1期工事立ち上げ中ですが、フル生産は10年先とのことでした。
この工場の規模は現状の日本すべてのPCB工場が入居できそうです。
近くには大手日系PCB工場があり、こちらは主戦場をベトナムに移しつつあります。
戦略の違いの理由はどこに?
三星電子ルート、鴻海科技ルートの違いか?興味があります。
2013.05.13 From 和源機械有限公司 鈴木 in 台湾 part4
本日、うちの台湾スタッフが車を運転中、当たり屋に遭遇、
止まる寸前の車に体当たりしてきて5000元請求されたようです。
交渉して2000元に負けさせたというのもすごいんですが、
いきつけの個人医院(そことつるんでいる?)まで車で連れて行ってあげたんだって。
示談交渉後のなごやかな二人の状況が目に浮かびます。
警察沙汰にしないところが好いよな。
2013.04.01 From 和源機械有限公司 鈴木 in 台湾 part3
朝からオフィスのメールもファックスも不通。
そして、原因判明。LANケーブルをねずみが食べてました。
そういえば、昔、韓国の某工場の倉庫でネコくらいのねずみ見たことを思い出しました。
台湾はねずみも元気良いです。
韓国のねずみのトピックスはこちら
2013.03.01 From 和源機械有限公司 鈴木 in 台湾 part2
同じ品物を大量生産が得意の台湾、これって本当?
同じ品物をいつも同じメーカーに発注しても、品質が定まらないのなぜなのか。
日本ではあまり経験しなかった事です(もちろん昔は日本もそうだったかも)
個人主義の個性がでるのかな。いまどきの商品は殆どがNC加工なのに。
台湾は個性豊かでおもしろい国です。
2012.11.27 From 和源機械有限公司 鈴木 in 台湾
本社子会社、和源機械有限公司を立ち上げてから2年半がたちました。
ご愛顧感謝いたします。長くて短い2年半でした。
今まで経験のできなかった諸事を経験させてもらいました。これからも続くのでしょう。

外から見た日本人像が身にしみてわかります。むろん良いも悪いもですが。
これから少しずつお伝えできればと思います。
2012.10.26 鈴木敏弘
TPCAショー
港南国際展示場

衰退が続くわがPCB業界ですが、久々に明るい雰囲気に遭遇いたしました。
出品小間数は、昨年より7パーセント増。来客もピーク時のJPCAショウーのようでした。
特に、EUの先端装置メーカー(レーザーダイレクトイメージング)日本大手企業(三菱、日立、ヤマタ)の積極的出店が目につきます。しかし、パターン形成装置は、相変わらずコピー機、コピー機のコピーのオンパレードです。ジェットスクラバーは外観の区別がつかないものが多数あります。
EUメーカーの展示はEU市場の衰退のためか、スマホを狙った進出か? どちらにしろ、わが社も新規展開を。
 →会場風景はこちらからご覧ください。
2010.6.2
JPCA展示会にて最新型全自動高性能機「MDS-604SSC」発表
・No.1コストパフォーマンス
・薄板研磨可能 0.1mm~3.2mm
・さらに省スペース90%の実現(当社比)
2009.10.23 営業 T.S
台湾TPCAショー便り
台湾丸源国際有限公司が参加しました台湾電路印刷展を訪問しました。
リーマンショックよりちょうど1年が過ぎ、世界経済は回復に向かっていると新聞紙上では報じられております。
市場の回復状況の判断に好都合と思い、現地を訪問しました。会場の雰囲気は明るく、各社展示ブースにお金をかけており、来場者も多く大盛況で、6月のJPCAショーの歯欠けブースとは、雲泥の差です。
市場の好転もありますが、東京モーターショーと同様、業界の中心が日本から台湾に移ったようです。
2009.9.25 営業 M.I
8月中は、各社様より多数のメンテナンスのご依頼をいただき、ありがとうございました。
新規設備敷設が厳しい折、既存設備をメンテナンスしていただけるのは大変ありがたい事と思います。
当社製品は定期的なメンテナンスをほどこす事により、著しい性能回復が可能となる様設計されています。
省エネ、省資源を先取りした設計とも言えます。
充実したメンテナンス、部品管理体制を整えて皆様のご用命をお待ちしています。
2009.6.11 営業 I
韓国KPCAに続き、6月3日~5日にJPCAショーが東京ビックサイトで開催されました。
さすがに今年は世界的不況の影響もあり、出展者も減り、来場者は昨年より25%ダウンだったようで、弊社ブースにも立ち寄っていただけた方が昨年よりも減ってしまい、ちょっとさびしい展示会でした。
それにしても宇宙開発機構のブースだけは活気があり、宇宙食のサンプル配布に長い行列ができていました。

弊社ブースでは、重研削用4軸研磨機「MDS-604FBR」、低価格制御盤一体型4軸研磨機「MDS-604SC」、バフロールドレッサーの3体を展示・実働運転しました。
このMDS-604SCは、もともと海外向け戦略機として開発した4軸研磨機でしたが、国内の需要に応えられるよう改良したものです。
従来機の仕様を元に、部品や設計を見直して、価格は従来機の75%にダウン。小型軽量化を実現する反面、フレーム強度を120%高めました。
これからの時代にマッチした省スペース型の研磨機です。

また、あるお客様では、バフロールドレッサーをご検討いただきました。
このバフドレス機は、研磨精度を高めることはもちろん、バフロールを研磨機本体にセットすることなく予めドレッシングが行えますから、研磨の時間を大幅に短縮することにもつながります。
マルゲンいちおしの製品です。

ここにきて少しずつ景気回復の感じがでてきたようです。早く世界的に活気が戻ってマルゲン製品も皆様の会社で活躍できるようになるとうれしいものです。
2009.4.17 営業 M.I
4月22日~24日に、韓国ソウル近郊京畿道高揚市KINTEX展示場で、KPCAショーが開催されます。
当社も小ブースではありますが、出展させていただきます。
出展製品は、ベストセラー4軸研磨機「MDS-704SS」と、新規開発の海外戦略機「MDS-704SC」の2機種です。
「MDS-704SC」は、世界基準、価格等、時代に合致した製品であると自負しております。
この機会に、新機種の性能をぜひ皆様にご覧いただき、ご意見・ご感想をお寄せいただければ幸いです。
日本からのお客様、一服がてら、ブース番号J116「テクノプロ マルゲン」のブースに、ぜひお立ち寄りください。
2009.3 メンテナンス N
あるお客様からエマージェンシーコールが入った!
定めの緊急出動です。

メンテ部品、工具等の物量を考えれば、当然車での出動ですが、移動距離が片道600kmもあります。
これから都内を抜けるとなると、いつ到着できるのかわかりません。

「中央道・北陸経由で行く?」

「おいおいお前たち、圏央道の存在を忘れてない?」
後ろから専務様の一言。
専務様ご推薦のルートで、なんと5時間30分で到着しました。
さすが! 地理もよく知り、効率も考える専務様です。

メンテナンスもスムーズに完了しました。問題なしの作業で二重丸。

では撤収!ということで、帰路も同じルートで帰社しました。
中央道・北陸経由で行かなくでよかったぁ (^_^;)

都合15時間の日帰り出張が終わりました。
早かったとは言え、それはそれで大変なんですけど… (^^ゞ
いやいや でもでも
お客様に極力ご負担をかけないメンテナンス体制つくりに、日々精進いたします。
2009.3 メンテナンス部 大石
生産技術部、そして製造部の皆様、毎日のお仕事おつかれさまです。

世界同時不況のあおりを受け、われわれIT産業関連企業も大きな打撃を受けています。
が、しかし、新規の設備投資はままならぬこの時期は、既存設備をリフレッシュする良いチャンスともいえます。
今まで稼働率が高く、遊休不可能だったラインを、この絶好のタイミングにメンテナンスしてみませんか?
メンテナンスにも、完全オーバーホールから部分的なメンテナンスまで、状況に応じて対応できますので、まずはご連絡ください。

内容を問わず、いつでもメンテナンスに関するご質問・ご意見等は、メンテナンス部 大石が承ります。
どしどしお寄せください。
2008.11.28 K
10月よりこちらの会社にてお世話になっております。
前職とは畑違いで戸惑うことが多くあり、未だ自分のペースをつかみきれていないのですが、
一日一日ステップアップを目指し皆様に頼っていただけるようになりたいと思っております。
よろしくお願いいたします。
2008.11.21 専務 
その1 セミナーに参加して
先日、経営勉強会というセミナーに出席しました。
勉強会の最後に出席者の中から3社の代表者が自社の経営理念等を発表する時間がもうけられており、
当社の代表鈴木がとりを努めました。
社内で社長の話を聞くことは多々有るけれど外部でしかもひな段上で身内の話を聞くのは初めてです。何かこちらの方が緊張してしまいました。
結果からお話すると、鈴木は他社社長様と違った観点で、自分自身の苦楽の体験談を発表し、来場者の共感を得ていました。
さて当社の経営理念はというと最後に“製品が営業マン”と一言。
こん心会の席、開業1年目の女性の経営者が「感動しましたと」私に伝えてくれました。
社長がちょっとかっこよく見えた1日でした。
その2 季節の変わり目
そろそろ営業車のタイヤを冬用に交換する時期が近づいて来ました。
本年はいつもより少し早いタイミングで寒さがせまっているような気がします。
静岡は一年を通して温和な気候なので会社の近所の人たちは我々の作業を見てびっくりする様です。
この人たちいったいどこに行くんでしょう?みたいな感じなのかもしれません。
寒さ到来の早さが、世の景気と連動しない事をせつに願います。
2008.10 製造 K.U
先日台湾のプリント基板機械の展示会TPCAに行ってきました。
今回私たちが新しい機械、バフドレス機を展示するということで説明をしてきました。
機械の前で足を止めてくれる方、仕上がり具合を触って確かめてくれる方、興味を持って質問をしてくれる方、国は違いますが、同じ場で働いている人とあって熱心に機械を見てくださいました。
会場を見ていくとスーツを着た営業の方から、作業着を着た現場の方までさまざまでした。
以前日本へ研修にこられたかたがたとも会えてよかったです。
現場で作業することとは違った雰囲気を感じられてよかったです。
2008.9 未来のビジネスは瞬間移動?
その1
大昔、営業をはじめた頃、東京、大阪出張は1泊2日が常識でした。出張というと、前日より大層な準備をした記憶がよみがえります。
現在はというと、国内、海外問わず、時間効率が第一優先されますよね。台湾、韓国ですとさすがに日帰りは無理ですが、限りなくそれに近い出張体形となります。移動時間のみを比較するならば国内長距離出張より時間効率は良いかもしれません。
客先で忘れ物に気付いたりした時には、このまま瞬間移動できたらなどと、思わず空想にふける事があるのですが、瞬間移動は無理としても、今後もインフラの整備や、より高速の交通機関の進歩などで移動時間はより短縮されていくのでしょう。
その2
人間はスピードに対してどこまで順応出来るのでしょうか?
30年前高速道路はほとんどの車が時速100km+αで走行していたように思います。
現在は・・・130km~150kmで走行している車多いですよね。インフラ、機材の発達、と同時にドライバーの運転能力も向上しているのかもしれません。
只し、そのような高速化の中で感じる事。それはとても疲労感をともなうと言う事です。移動にともなう疲労感は時間よりも距離に比例するのでは・・・車で50km/1時間の移動よりも、飛行機で1000km/1時間の移動の方が疲労感が大きい気がするのですが、これは私だけでしょうか?いずれにしても、疲れる世の中です。
2008.6 JPCAショー2008に出展して 営業部メインテナンス課
2008年JPCAには、多数のご来場を頂きまして、大変有難うございました。
出展期間は3日間ですが、会場準備を含めますと我々スタッフにとっては、都合5日間の日程となり、ハードなスケジュールをこなさねばなりません。
ご存知の様に、当社は毎年台湾協力会社のSONGTEXとの共同出品をしております関係上、台湾/中国からお越しくださるお客様も多く、対応スタッフも台湾/上海より参加します。
会期中にいつも感じることなのですが、彼らのみなぎるパワーにはいつも驚嘆させられます。特に夜は・・・
案の定、初日の夕食に同席したところ、そのみなぎるパワーが炸裂し、お店からの苦情が出る始末。
日本人も経済急成長時代にはあんなパワーが有ったような気がします。それとも自分が年をとったせいかも・・・酔いもどこへやらの心境でした。
2008.4 中国の変化 製造部UK
2月、3月と中国の北京、上海、武漢へ出張に行ってきました。
最初に行ったのが1年前の冬でした。
北京では今年オリンピックがあるせいか、だいぶ町並みや雰囲気が変わっていました。
古い建物が壊されたくさんのビルを建てていました。
会社へはタクシーを利用して移動していますが、個人タクシーがなくなり全部国営タクシーに変わっていました。以前は時間を伝えると待っててくれましたが数が少ないのかなかなか着てくれず、少し不便に感じました。
だいぶよくなってきたと感じますが、北京、上海、武漢、水やゴミなどまだまだ十分じゃないと感じます。
次回行くときはもっとよくなっているといいなと思いました。
2007.5 飛行機の機体も メンテナンス部所属 AN
海外出張の機会が増えると必然的に航空機の利用回数も増えます。
そこで悩むのがどの航空会社を利用するかです。もちろんタイムスケジュール優先ですが、選択の余地がある場合は、自分好みの会社を選んでしまいます。
私の場合、選択基準は機内サービス等のソフト面よりは、ハード面、つまり機体の清掃状態とか機内の匂いです。
そして、大事なのは機体の整備状況(この部分についてはまったくの素人ですが)です。
仕事がら機械に接することが多いので、種類にかかわらず、その機械が大事に扱われてきたものか否かを、第一印象から感じてしまいます。着陸の際、横風を考慮しながら、左右のメインギヤ(主翼下の車輪)を交互に接地させるというような技を見せてもらえると、パイロットの技術力と、機体を大事に扱う姿勢が同時に見え隠れして、うれしい気持ちになります。
無言のサービスは、我々機械屋だからこそ出来るサービスなのかも知れません。
今後も我が社の製品も大事に扱ってもらえるような造りを心がけていきたいな、と思う機会でもあります。
2007.5 韓国ねずみは巨大? 製造部所属
久しぶりの韓国出張です。
いつも2日目におなかをこわすので、今回はいつも以上に注意をしました。なぜおなかをこわすのか? それは、韓国の食事がとてもおいしいので、初日の夕ご飯をつい食べ過ぎてしまうからです。(^^ゞ
さて、お仕事の話。
S社にて研磨機オーバーホールの仕事を御依頼いただき、予定通り完了することが出来ました。海外で物理的作業を行う場合、必要工具、部品等の不足があると、必要以上に苦労をしいられることになります。S社ではそのような状況に対して、担当スタッフが迅速、かつ好意的にサポートをしてくれます。仕事をやり終えた後の連帯感は、そんなところから生まれてくるものなのでしょう。
最後に、最近では一般家庭でもお目にかかれない光景を目撃しました。
オートロックシステム完備の最新工場の廃棄物処理棟内で、ねこより大きな(と私には見えた)野ねずみを発見しました。韓国ではねこも肩身が狭くて大変なんだろうなあ、とくだらない妄想にふけった夜でした。
2007.3.11 2回目の納入工事の時 製造部所属
3月11日から16日は北海道2回目の納入工事でした。
その前日までは、北海道とは思えないような晴れたいい天気でした。 ところが、当日はすごい吹雪で荒れた天気。雪は60cmも積もっていました。
工場に着いた時、北海道のトラックの運転手も 「今日は荒れてるね~」と話しているぐらいの荒れ模様で、一時はどうなることかと思いました。
が、しかし、いざ納入を始めようとしたら、風は吹いていましたが、雪が瞬間的に止みました。おかげで納入工事は問題なく終わることが出来ました。
ふ~っ (^_^;)
2007.3.10 積込 製造部所属
3月 北海道の納入工事のための積み込み作業です。 札幌ナンバートラックが到着し、がたいのいい大柄な運転手が降りてきました。まるで熊のよう。(^_^)
ところが、体格に似合わず、かわいい声で話すものだから、笑うに笑えず困りました。
どこからそんな声が出てくるのか不思議です。きっとみんなそう思っているんだろうなぁ。
2007.2.26~3.3 北海道石狩市 製造部所属
Aさんが運転でハイエースで向かっていた時、 橋の上で車がスリップして進むことが出来なくなりました。 同乗していた社長とUさんに車を押してもらい、渋滞を作りながらも 何とか抜け出すことができました。 対向車の人から「そのスタッドレスタイヤじゃだめだよ」とダメ出しをもらいました。
北海道では通用しないんですねぇ。
お知らせ
2017.6
JPCA show 2017 に出展
場 所
東京ビッグサイト
出展日
6月7日(水)~6月9日(金)
JPCA show 2017
JPCA show 2017
2016.6
JPCA show 2016 に出展
場 所
東京ビッグサイト
出展日
6月1日(水)~6月3日(金)
JPCA show 2016
JPCA show 2016
JPCA show 2016
JPCA show 2016
2015.10
TPCA show 2015 に出展
場 所
台北南港展覧館
出展日
10月21日(水)~10月23日(金)
TPCA show 2015
TPCA show 2015
2015.6
JPCA show 2015 に出展
場 所
東京ビッグサイト
出展日
6月3日(水)~6月5日(金)
JPCA show 2014
JPCA show 2014
JPCA show 2014
JPCA show 2014
2014.12
HKPCA Show 2014 に参加
場 所
深圳会展中心
出展日
12月3日(水)~12月5日(金)
JPCA show 2014
JPCA show 2014
JPCA show 2014
JPCA show 2014
2014.10
TPCA show 2014 に出展
場 所
台北南港展覧館
出展日
10月21日(水)~10月23日(金)
TPCA show 2014
TPCA show 2014
TPCA show 2014
2014.6
JPCA show 2014 に出展
場 所
東京ビッグサイト
出展日
6月3日(水)~6月5日(金)
JPCA show 2014
JPCA show 2014
JPCA show 2014
JPCA show 2014
2014.05
CTEX EXPO 2014(PCB/SMT Show) に出展
場 所
蘇州国際博覧中心
出展日
5月14日(水)~5月16日(金)
CTEX EXPO
2013.6
JPCA show 2013 に出展
場 所
東京ビッグサイト
出展日
6月5日(水)~6月7日(金)
JPCA show 2013
JPCA show 2013
JPCA show 2013
JPCA show 2013
JPCA show 2013
JPCA show 2013
2012.10
TPCA show 2012 に出展
場 所
港南国際展示場
出展日
10月23日(火)~10月25日(木)
TPCA show 2012
TPCA show 2012
TPCA show 2012
TPCA show 2012
TPCA show 2012
2012.6
JPCA show 2012 に出展
場 所
東京ビッグサイト
出展日
6月13日(水)~6月15日(金)
JPCA show 2012
JPCA show 2012
2012.05
KPCA show 2012 に出展
場 所
京畿道高陽市KINTEX展示場
出展日
5月15 日(火)~5月17日(木)
KPCA show 2012
KPCA show 2012
2011.11
HKPCA show 2011 に出展
場 所
深圳会展中心
出展日
11月30 日(水)~12月2日(金)
HKPCA show 2011
HKPCA show 2011
HKPCA show 2011
HKPCA show 2011
2011.11
TPCA show 2011 に出展
場 所
台北南港展覧
出展日
11月9日(水)~11月11日(金)
TPCA show 2011
TPCA show 2011
2011.6
JPCA show 2011 に出展
場 所
東京ビッグサイト
出展日
6月1日(水)~6月3日(金)
JPCA show 2011
JPCA show 2011
JPCA show 2011
2010.10
TPCA show 2010 に出展
場 所
台北南港展覧
出展日
10月20日(水)~10月22日(金)
TPCA show 2010
PCA show 2010
2010.6
JPCA show 2010 に出展
場 所
東京ビッグサイト
出展日
6月2日(水)~6月4日(金)
JPCA show 2010
JPCA show 2010
JPCA show 2010
JPCA show 2010
JPCA show 2010
JPCA show 2010
2009.10
TPCA show 2009 に出展
場 所
台北南港展覧
出展日
10月21日(水)~10月23日(金)
PCA show 2009
PCA show 2009
2009.6
JPCA show 2009 に出展
場 所
東京ビッグサイト 東展示棟・会議棟
出展日
6月3日(水)~6月5日(金)
JPCA show 2009
JPCA show 2009
JPCA show 2009
JPCA show 2009
2009.4
KPCA show 2009 に出展
場 所
韓国/京畿道高陽市KINTEX展示場
出展日
4月22日(水)~4月24日(金)
KPCA show 2009
KPCA show 2009
KPCA show 2009
KPCA show 2009
KPCA show 2009
KPCA show 2009
2009.3
中古機 在庫情報
2009年3月27日現在  
 MDS-604F
1台
 MDS-604FB
2台
 水洗乾燥機
2台
 F2フィルタ103
1台
 F2フィルタ203
1台
お気軽にお問い合わせください。
2008.6
JPCA show 2008 に出展
場 所
東京ビッグサイト
出展日
6月11日(水)~6月13日(金)
JPCA show 2007
JPCA show 2007
2007.5
JPCA show 2007 に出展
場 所
東京ビッグサイト
出展日
5月30日(水)~6月1日(金)
出展品目
スーパーオシレーションサンダー “MDS-704S”
ベルトサンダー “MNW-610-C”
水洗乾燥機
ブース
小間番号:5F-03
JPCA show 2007
JPCA show 2007
2006.05
JPCA show 2006 に出展
場 所
東京ビッグサイト
出展日
5月31日(水)~6月2日(金)
出展品目
スーパーオシレーションサンダー “MDS-704S”
ベルトサンダー “MNW-610-C”
水洗乾燥機
ブース
小間番号:6G-16
2005.6
JPCA show 2005 に出展
場 所
東京ビッグサイト
出展日
6月1日(水)~6月3日(金)
出展品目
スーパーオシレーションサンダー “MDS-704S”
ベルトサンダー “MNW-610-C”
水洗乾燥機
ブース
小間番号:6I-27
JPCA show 2005
JPCA show 2005
2004.11
TPCA show に出展
場 所
台湾/台北
出展日
11月11日(木)~11月13日(土)
出展品目
研磨機 MDS-704S・MNW-610C
ブース
A340ブース
Copyright(C) 2017 TECHNOPRO MARUGEN Co., Ltd. All Rights Reserved.